カテゴリー: RECARO | レカロ

新生児からOK!BABYZENのYOYOは海外AB型ベビーカーの☆(ポスト・スクート!)

新生児からOK!BABYZENのYOYOは海外AB型ベビーカーの☆(ポスト・スクート!)

新生児からOK!BABYZENのYOYOは海外AB型ベビーカーの☆(ポスト・スクート!)
画像:http://lilleprinsen.no/Babyzen-YOYO-0-chassis-white-/-colorpack-grey

先日、ZEN』というモデルを紹介しましたが、今日はもうひとつの気になっていたモデル『YOYO(ヨーヨー)』を紹介しておきます。

BABYZEN ヨーヨー 0+(ゼロプラス) 4+(フォープラス) | T-REX baby
http://www.trexbaby.com/brands/babyzen/9552/

海外ブランドのAB型ベビーカー(新生児から2,3歳ぐらいまで使えるベビーカーのこと)って、あまり数多くない気がしています。

ましてや、日本の生活事情を考慮した軽量&コンパクトモデルとなるとなかなか。

このYOYOという名のベビーカーは、その名のとおりおもちゃのヨーヨーで遊ぶように引きつけては押して、開いたり閉じたりと手軽な折り畳み性能をウリにしたモデル。

座席の付け替えにより、新生児からも使えます。

また、本体の重量も5.8kgとアップリカスティック(5.7kg)ともさほど変わらないレベル。

個人的に対抗馬かな~と考えている『スクート』なんかと比べてみても、重量はスクート(12.8kg)の半分以下とちょうど痒いところに手が届いたモデルだなと思いました。

あと、折りたたみのサイズがヤバイです。

折りたたみ時 D18cm W44cm H56cm

以前、『自転車の前カゴに乗る!』と紹介した脅威のコンパクトベビーカーにまったく引けをとっていません。

これ以上語るのは野暮なので、あとはメーカー動画などをご覧いただきましょう。

BABYZEN YOYO Stroller

Babyzen Yoyo 0+

High Performance Strollers

ユーザー利用のスナップ風景はこちら

先に言っときますが、

これ、来ると思うな~
一度使ってみたいです。

こういうの日本でもアマダナとか、±0(プラスマイナスゼロ)あたりに作ってもらいたかったよね。

日本人としては。

では

カラータイマー?BABYZEN by RECAROのクールさに惚れる

カラータイマー?BABYZEN by RECAROのクールさに惚れる

カラータイマー?BABYZEN by RECAROのクールさに惚れる
画像:http://blog.incipeindustries.com/recaro-babyzen-stroller

F1のシートも作っているドイツのカーシートメーカーRECARO(レカロ)のベビーカーをまたまた取り上げます。

そのベビーカーとは、

BABYZEN Strollers – Official website – Zen
http://www.babyzen.com/collection-zen.php

RECAROのストローラー(ベビーカー)ブランドのBABYZENから発売の『ZEN』というモデルです。

BABYZENは5人のフランス人デザイナーによって設立されたブランドで、「ベビーカーのデカくて、実用的でなく、ダサイ…」を解決しようと!と立ち上げられました。

これまでに、このZENというモデルの他にも、トラベルシステムのYOGA、そして、より軽量でコンパクトなモデルのYOYOがリリースされているみたいです。

ZEN自体は2012年発売のモデルで、なかなか日本でも取扱が少ないみたいですね。

気になる人は、こちらの日本取り扱い店舗一覧から問い合わせてみてください。

ちなみに、お値段は12万円ほどで、オプションまで含めると18万円だという噂。

重さは9キロと少し、生後6ヶ月から使えて、体重制限は20キロまで。

すごくコンパクトになるみたいだし。

なによりこの美しさは生唾もの。

 

絶対に人と被りたくない人や、

家のインテリア、特別なコーディネートとマッチさせたい人にはいんじゃないかな。

個人的にはこのウルトラマンのカラータイマーを感じさせる太陽光LEDライトがとってもツボです。

また、コンパクトモデルのYOYOについてもどこかで取り上げます。

 


BABYZEN Strollers introduce the ZEN and YOGA demo…

BABYZEN Strollers introduce the ZEN…

Recaro BabyZen Stroller

BABYZENのある生活はこちら。みんなの使いこなしがスナップされています。
https://plus.google.com/118014745519935107938/posts

では

RECARO Easylifeがグッドデザイン賞を受賞!

RECARO Easylifeがグッドデザイン賞を受賞!

ドイツのシートメーカー RECARO(レカロ)から5月に発売が開始されていたベビーカーがこのたび2014年度のグッドデザイン賞を受賞したと知りました。

そのベビーカーとは、

レカロ イージーライフ
http://jp.recaro-cs.com/stroller-details/easylife.html

RECARO Easylifeは、生後6ヶ月で一人ずわりができるようになってから体重15キロぐらいまでをカバーするセカンドベビーカー。

この製品の最大の特徴が折りたたみ時のサイズでわずか59cm(高さ) x 48cm(幅) x 26cm(奥行き)と小さく、自立するところ。

 

いや~、久しくブログさぼっている間に、なかなか良さそうなモデルが発売されてましたね。

 

どんなに簡単に畳める巷のB型ベビーカーでも、これほどコンパクトに、且つスタイリッシュに玄関を飾れる!?ベビーカーは稀有でしょう。

ベビーカーのスタイリッシュさと、持ち帰った玄関での佇まいの良さの両方を満たしてくれるベビーカー。

ベビーカーの”家”での立ち位置を考えさせてくれる、いい仕事しています。

 

ちなみに、

グッドデザイン賞の受賞対象は、『応募されたものの中』でしかないため、
これが2014年で一番グッドなデザインだったかどうかはわかりません。

あくまでも参考までにでした。

 

そして、気になる売れ行きですが、

ちょっとAmazonでも確認したところ、『背面ベビーカー・バギー の ベストセラー』カテゴリーでは65位ですね(2014/10/02 19:00現在)。

 

レカロのベビーカーをまだまだ知らないお母さんって、多いと思います。

ここは旦那が一枚噛んでこないとなかなか見つけ切らないものだと思いますが、以前にも取り上げたようになかなかいい仕事するメーカーだなという気はしています。

赤ちゃん本舗でも押したことがありますが、操舵性はなかなか良いです。

全体的によくまとまっているので、あとは『軽さ』という点で、他の日本メーカーとの比較になるはずですが、そこは圧倒的に負けているので、こちらの剛性の高さゆえの重さを、日本系のメーカーのギシギシきしむ感じのする軽さ優先のそれと比べて、どう判断するかが購入の決め手となりそうですね。

剛性と軽さは両立できない。あとは、何を優先する?

では!!

トヨタにふさわしいベビーカー発見!その名もRECARO i-walk...

トヨタにふさわしいベビーカー発見!その名もRECARO i-walk…

トヨタにふさわしいベビーカー発見!その名もRECARO i-walk...

えっと、久しぶりの更新でやや緊張しています。

最近、年末から引っ越しの計画があって、実際ここ数ヶ月はドッタバタ!でブログ更新どころではありませんでした。

なんて、ノンプロフェッショナルな発言、、

そうこうしているうちに桜も芽吹いて、本当にドライブ日和な季節になりましたね。

 

ところで、我が家の車はTOYOTAのシエンタなのですが、

「世界のトヨタが認めるベビーカーってあるのかな?」

そんな疑問から、トヨタにまつわるベビーカー系のニュースからふさわしい1台を選んでみました。

 

それは、 続きを読む

『レカロ』チャイルドシートメーカーのベビーカー 画像1

『レカロ』チャイルドシートメーカーのベビーカー

『レカロ』チャイルドシートメーカーのベビーカー 画像1

先日たまたまベビーショップでみかけたベビーカーがとても良かったのでご紹介。

その名は、『RECARO i-walk CS+ | レカロ アイウォークCSプラス』

チャイルドシートメーカーのRECARO(独)とコンビ社OEMのベビーカーフレームを組み合わせた、いまはやりのコット取り外し式のベビーカーです。

コンビって、そのブランドイメージから結構バカにしていたのですが、なかなかクールな出で立ちで、ひときわ存在感を放っていました。

操舵性もかなり高くて、その場所でピポット旋回できるレベル。
いわゆるエアバギー級に操作しやすい。
ちなみに、エアバギーのまわしものではありません。

気になって、家に帰って調べてみると、なるほどAmazonの評価も高い

気になる大体の大きさは、こんな感じ↓。

『レカロ』チャイルドシートメーカーのベビーカー 画像2

私の足が短すぎるので、参考になりませんが、
だいたい180cmくらいの男性でもハンドル部は腰骨のあたりで、ちょうどいい高さでした。

最近、チャイルドシートもやっぱりRECAROなど少し高くても評判の良い物にすればよかったかな~と悩むところもあり、今度買うことがあれば、検討に入れたい珍品として今日はご紹介まで。