カテゴリー: コメンサル | COMMENCAL

感性を育てるキッズ用BMXかな『シュレッダー 16(2018年モデル)』をセオサイクルさんで見て来た

タイトルそのまんまなんだけど、仕事の帰りに以前からHAROバイクの取扱いで注目していたセオサイクルさんをちょっと覗いてきました。

ありましたよ、お目当てのシュレッダー。

販売代理店の数も限られているし、なかなかキッズ用BMXのシュレッダー君に出会わないんだよね。

そのなかでセオサイクルさんは取扱いが豊富で有名。

見てみて、触ってみて、フレームの長さとかちょうどいい感じ。

レベナはそれがちょっと長すぎて、うちの息子だと前傾姿勢が辛そうだった。

そもそも長く走る子どもようのレベナと、公園でわんぱくに使い倒すようなシュレッダーではジャンルが違う商品なんだけどね。

でも、普通の人は、どちらも子ども用自転車として買うわけだから、

「何が目的で買うんだっけ?」「主な利用用途は?」

を親が最初に考えてあげることはとても大事。

うちの場合は長距離乗る機会があるわけじゃなかったし、気軽に乗り回せる方を優先させるべきだった。

そういう点では、次に買う機会があるなら『コメンサル』か『TNB』、そしてこの『シュレッダー』にする可能性は高いのだ。

それにしても、この2018年モデルの赤はかっこよかった。

なんだか井手達もコメンサルっぽいね!

帰り際に、カメラのキタムラ中古買取センターでカメラを物色。

うーむ。EF135mm F2Lが欲しいのだが流石に贅沢か…

史上最高のポートレイトレンズ。欲しくない親父はいないやろ。

作例はこちら

自転車の話かと思ったら、最後がカメラの単焦点レンズの話で終わる所が適当すぎ(;´・ω・)

だけど、感覚的に事実を語っていくのである。

レビュー:MARIN「DONKY Jr 16」2017年モデル

南町田グランベリーモール内 モンベル自転車売り場は私のお気に入りの場所だったのだが、2月に閉鎖されてしまった。

解体される直前に撮影してきたお気に入りの一台。

マリンのDONKY Jr16″(ドンキージュニア 16インチ) 2017年モデルはこの迷彩モデルが可愛くて、さらに軽量(7.7㎏)でオススメ。
男の子でも、女の子でもいけるだろう。

価格のバランスでも個人的にナンバーワン。
¥32,076(税込)だそうだ。

もう少し本格的に選ぶなら、やっぱりコメンサルは気になる。

それは別の話として、今でも『レベナ』とどちらが正解だったかわかんないや。

コメンサルのラモーンズ16

レベナ超えか?コメンサルのラモーンズやばい…

久しぶりのブログで緊張…

書くことたくさんあるのに纏まらず混乱していたのにやっと重たい腰を上げる。

さて、今日も子ども用自転車ネタです。

我が家は一時期の登山ブームですっかり『モンベル信者』となり、モンベル・プラチナカード保有者でもあるので、何かアウトドア系のモノを買おうとする際はまっさきに『モンベル』で検討してしまう完全にモンベルに転がされている口です。

そんな我が家なので、もちろん子ども用自転車もここで検討してみました。

あっ、ちなみに夫婦の自転車も実はモンベルで買いました。
東日本大震災のちょうど直前ぐらいだったと思います。
俺TREK、妻GIANTという、なんとも典型的なタイプです。

さて、そんなことはどうでもいいのです。

我が町田市が誇るモンベル グランベリーモール店に問い合わせた上で、取り扱われている子ども用自転車を片っ端からチェックしてきたことを紹介しましょう。

モンベルでは店舗によって自転車の取り扱いがあり、東京だけでも27店舗あります。

モンベル 自転車取り扱い店舗一覧

で、町田市のグランベリーモール店もその一つ。
問い合わせると、子ども用自転車に限っては4メーカー程の取り扱いだとおっしゃっていました。

  • キャノンデール | Cannondale
  • クレイジーシープ | CRAZY SHEEP
  • コメンサル | COMMENCAL
  • マリン | MARIN

です。

店内をのぞくと、このような感じでズラリと。

モンベルの子ども用自転車

コメンサル?4万円って、高くないか。。

Ramones 16 - COMMENCAL

キャノンデールのトレールボーイ16

キャノンデールのトレールボーイ 16インチ

POPな印象のマリンのドンキーJr.16の面々

マリンのドンキーJr. 16

MARIN DONKY Jr.16 青色

MARIN DONKY Jr.16 黒色

昔ながらの三輪車のイメージ漂うクレイジージープのメリーノ

クレイジーシープのメリーノ

で、一番気になったのが、これ↓

コメンサルのカタログ

コメンサルのラモーンズで16インチのモデルです。

小さめのフレームサイズで小回りがききやすく、軽量アルミ素材を使っているため7.7Kgと軽い!
そう、レベナ(7.9Kg)よりも!!

実際の車体はもっと色艶の良い赤色で、私は一発で気に入りました。

「なんか、乗っていて楽しそう。」

この一言につきます。

なんか、モノとしていい感じ。

あまり知られたバイクメーカーでは無いと思うけど、しっかり探したい親父はぜひ一度触っておいた方がいいと思う。
我が家はちょっと遅かったです。

取り扱いディーラーはこちらでチェック。

ベビーカー選びの定石として、「まずエアバギー触ってから、他のベビーカー検討してみな!!」があるとすれば、これは『子ども用自転車』におけるまさにそれだと感じました。

さて、明日は何を書こうか。