カテゴリー: ティーエヌビー | TNB

感性を育てるキッズ用BMXかな『シュレッダー 16(2018年モデル)』をセオサイクルさんで見て来た

タイトルそのまんまなんだけど、仕事の帰りに以前からHAROバイクの取扱いで注目していたセオサイクルさんをちょっと覗いてきました。

ありましたよ、お目当てのシュレッダー。

販売代理店の数も限られているし、なかなかキッズ用BMXのシュレッダー君に出会わないんだよね。

そのなかでセオサイクルさんは取扱いが豊富で有名。

見てみて、触ってみて、フレームの長さとかちょうどいい感じ。

レベナはそれがちょっと長すぎて、うちの息子だと前傾姿勢が辛そうだった。

そもそも長く走る子どもようのレベナと、公園でわんぱくに使い倒すようなシュレッダーではジャンルが違う商品なんだけどね。

でも、普通の人は、どちらも子ども用自転車として買うわけだから、

「何が目的で買うんだっけ?」「主な利用用途は?」

を親が最初に考えてあげることはとても大事。

うちの場合は長距離乗る機会があるわけじゃなかったし、気軽に乗り回せる方を優先させるべきだった。

そういう点では、次に買う機会があるなら『コメンサル』か『TNB』、そしてこの『シュレッダー』にする可能性は高いのだ。

それにしても、この2018年モデルの赤はかっこよかった。

なんだか井手達もコメンサルっぽいね!

帰り際に、カメラのキタムラ中古買取センターでカメラを物色。

うーむ。EF135mm F2Lが欲しいのだが流石に贅沢か…

史上最高のポートレイトレンズ。欲しくない親父はいないやろ。

作例はこちら

自転車の話かと思ったら、最後がカメラの単焦点レンズの話で終わる所が適当すぎ(;´・ω・)

だけど、感覚的に事実を語っていくのである。

持ち比べ:結局、TNB PLUG14を見に行った話

以前、ブログで「あきらめた!」とか言いながら結局触りに見に行ってきた『TNB PLUG14』!!

場所は、世田谷区の用賀にある『BMX RIO(ビーエムエックス リオ)』さん。

BMX RIO

http://www.bmxrio.com/

BMX、マウンテンバイクなどスポーツ車を取り扱うプロショップで、キッズBMXの講習会も定期的に開催されている。

お邪魔した当時も、お子様連れの親子が乗り換え用の自転車を物色されていて、決して広くはない店内からも活動の熱心さが見て取れた。

さて、お目当てのTNBのPLUG14であるが、感動的なご対面だ。

もって見ると、確かにしっかりつくられており、店員さんからもこれが確かなBMXであることを自信を持って教えてくれた。

本格的なのに可愛いボディに、他の自転車では転んだら泣いている子どものイメージが、こいつとなら笑っているそれが浮かぶのもまた可笑しい。

個人的に、子ども用自転車(三輪車含む)に求める機能が、「長距離の移動(ツーリング)」なのか「近所の公園までただ楽しく遊べること」であることなのか悩むところだけども、レベナにしてもこのPLUG 14にしてもこのジャンルにおいてはそれぞれの極みをいっていることは間違いないだろう。

  • 競技性も高く、スポーツに近い遊びとしてのBMX。
  • ママ・パパと一緒に遠くまでお出かけに嬉しい一般車やBMX風自転車。

結局、じゃあ中庸なゾーンでも良かったかな?と振り返れば、1台目の子ども用自転車(たぶん4歳からの補助輪なし)には3万円台前半までのものを選ぶのが正しかったような気もする。

あとは、これまで紹介してきたものを子どもの前に写真で広げ、「さぁ、どれが好き??」と聞いてあげることぐらい。

5つぐらいまでに絞り込んで、あとは子どもに選んでもらえるまでを作るまでがイクメン親父の使命であろう。

健闘を祈る。

 

それにしてもここの自転車屋は良い自転車屋さんよ。
店員さんの感じもそのメカニカルな知識も。
競技に関心の高い親父は一度訪ねてみることをおすすめする。

持ち比べ:結局、TNB PLUG14を見に行った話

以前、ブログで「あきらめた!」とか言いながら結局触りに見に行ってきた『TNB PLUG14』!!

場所は、世田谷区の用賀にある『BMX RIO(ビーエムエックス リオ)』さん。

BMX RIO

http://www.bmxrio.com/

BMX、マウンテンバイクなどスポーツ車を取り扱うプロショップで、キッズBMXの講習会も定期的に開催されている。

お邪魔した当時も、お子様連れの親子が乗り換え用の自転車を物色されていて、決して広くはない店内からも活動の熱心さが見て取れた。

さて、お目当てのTNBのPLUG14であるが、感動的なご対面だ。

もって見ると、確かにしっかりつくられており、店員さんからもこれが確かなBMXであることを自信を持って教えてくれた。

本格的なのに可愛いボディに、他の自転車では転んだら泣いている子どものイメージが、こいつとなら笑っているそれが浮かぶのもまた可笑しい。

個人的に、子ども用自転車(三輪車含む)に求める機能が、「長距離の移動(ツーリング)」なのか「近所の公園までただ楽しく遊べること」であることなのか悩むところだけども、レベナにしてもこのPLUG 14にしてもこのジャンルにおいてはそれぞれの極みをいっていることは間違いないだろう。

  • 競技性も高く、スポーツに近い遊びとしてのBMX。
  • ママ・パパと一緒に遠くまでお出かけに嬉しい一般車やBMX風自転車。

結局、じゃあ中庸なゾーンでも良かったかな?と振り返れば、1台目の子ども用自転車(たぶん4歳からの補助輪なし)には3万円台前半までのものを選ぶのが正しかったような気もする。

あとは、これまで紹介してきたものを子どもの前に写真で広げ、「さぁ、どれが好き??」と聞いてあげることぐらい。

5つぐらいまでに絞り込んで、あとは子どもに選んでもらえるまでを作るまでがイクメン親父の使命であろう。

健闘を祈る。

 

それにしてもここの自転車屋は良い自転車屋さんよ。
店員さんの感じもそのメカニカルな知識も。
競技に関心の高い親父は一度訪ねてみることをおすすめする。

台風10号 直前の参宮橋駅

TNB PLUG14 あきらめました!

先日、来る来る台風10号に翻弄される東京の最中、間もなく上陸かっ?というタイミングで、「TNB PLUG14を店舗に見に行きたいと!」思い立ちました。

なんというタイミングだと自分でも思いました。

この思い付きが間違いでしたが…

まず、ネットで取り扱いディーラー一覧を確認して

TNB PLUG14取扱店
渋谷にあるのが一番大きいだろう。。

 

ちゃんと在庫確認しておこう

在庫確認
ちゃんとありそうだな。フムフム。

 

小田急線 参宮橋駅から歩いてと…

雨降りそう、急がねば!
雨降りそう、急がねば!

 

Google マップは「到着しました。」??

えっ、マンション?
えっ、マンション?

 

もう一度、えっ?

あー、やっちゃった!マンションの一室かぃ!
あー、やっちゃった!マンションの一室かぃ!

というわけで、お店に電話したら『オンラインショップ』専門でしたよ。

ちょっと、Always Enjoy!! Shopさん!!( ;∀;)

というわけで、

寂しく撃沈されて帰ったわけです。

台風10号 直前の参宮橋駅
やべ、パラついてきた!

あーあ、

もうね、

決めましたよ。

もう自分は子ども用自転車買っているのに、誰かのためにレポートするなんてしょうもないこと。

コソコソするつもりはないにして、正面切って問い合わせても素で無視されたりすることもあるんですよ。

ホント。

なんじゃこれは!?ということでやってられません。

って、自分が悪いんですけどね。

詰めが甘いだけなんですけどね。。

でも、なかなかお店で買う予定もないのにパシャパシャ行くのって、大分俺からしたら勇気いるのだけはわかってください。

さて、

ここで一旦、子ども用自転車選びについてはお終いとします。

子ども用自転車の勝手ランキングはこちらにまとめてありますので、興味のある方はどうぞ。

結局、コメンサルのラモーンズとブリヂストンのレベナの一騎打ちでした。

モノとして、子どもに自転車を考えてあげるならばの話です。

好きなの選んでください、もう。

は~

 

P.S. ちなみに、TNB PLUG14は生産台数も取り扱い販売店も極少なので、手に取って試すことは難しいでしょう。
もし、購入を検討されている方も、この夏入荷分が先日各販売店に届いたばかりですが、すぐに売り切れが予想されるので、4歳の子どもにBMXで運動神経を・・・とか考えているパパはもう勢いで通販などいっとくっきゃないでしょう。

TNB PLUG14

TNB PLUG14の魅力

昨日のレベナに続いて、どうしても気になっていた自転車。

それが、キッズBMXである。

◎ BMXというのは元々競技用自転車で構造が単純で頑丈。
◎ その代わり、長距離走行には向かない。
◎ 泥よけやスタンド、ライト、補助輪(後付け可能!)など競技に関係ない部品は装備しない。

『TNB』というブランドはBMXプロライダーの西川佳宏(タカ)氏がプロデュースしたオリジナルブランドという。

 
へ~~

 
おそらくストライダーあがりの子どもにとって、子ども用自転車を買うタイミングというのは3歳後半、4歳ぐらいが一般的かと思う。

この場合、子どもの身長も100cm前後で16インチを選ばれるのがほとんどだろう。

だけども、このTNBのPLUG14は14インチで適応身長は95cm~。
これはうちの子どもの様にストライダー上がりとはいえ、十二分に練習して来たとは言えないまだまだ二輪初心者には安心のサイズ感。

少し小さめを選ぶことでいささか恐怖心も和らぐのだろう。
乗りこなしも早いと聞く。

あと、このモデルは重要も7.9kgと先のレべナと全く同じ。

つまり軽い。

 
う~ん、迷うなこりゃ。

 
ここで肝心なことに気づく。

「どこで買えるのだよ。。」

販売元のDelirium distributionで都内のディーラー情報などをチェック。

早速、在庫状況などを確認してみる。

 
。。。

 

お問い合わせありがとうございます。
PLUG14ですがメーカー完売で、おそらく現在、販売店様全店売り切れております。
次回は8月入荷予定です。通販でしたらお取扱店であるSOURCE様が7月から予約開始されるそうなので、お問い合わせ下さい。

オマイガッ!

売り切れ。。。

 
息子の誕生日は7月なので、これは諦めるしかないか( ;∀;)

ベビーカーも子ども用自転車も、「欲しい!」と思った時には売り切れているケースがあるので早めの対策が必要なのだ。

本物のキッズBMX、惜しかった…