カテゴリー: イフミー | IFME

4歳におススメの子ども靴『イフミー』!

おっさん、4歳の息子に靴を買いました。

『イフミー』のものです。

これまでも、4歳の長男にはいろんなメーカーの靴を履かせてきました。

ファーストシューズはミキハウス。
次もミキハウス。

「ミキハウス高いよっ!」とニューバランスを味見して、アシックスのすくすくを経て、安かったアディダスに着地したかと思いきや、痛いらしくやっぱりアシックスに戻ってきたり。

いろいろ紆余曲折あった中、
そして、様々な靴のプロコメンテーターたちが情報サイトに書き込む内容を総合的に判断して、

おっさんが導いた結論

  • 足入れ開口部が大きく履きやすいこと
  • ブランドよりも靴としての機能がしっかりしていること
  • 足の成長に即座に合わせてあげられるお財布に優しいものであること

この3つを守れる靴選びこそが、我が家のスタイルであると考えたわけです。

ソールに傾斜が付いていた方が確かに速く走れるでしょう。
ブランド靴の方が確かに可愛くも見えるでしょう。
多少大きめのものを履かせておけば、「1年持つよ。」と言うこともできたでしょう。

でも、そんなの全然興味ないっす。(/・ω・)/

靴はジャストサイズがイイでしょう!

それは子どもも同じ。

その3つを満たしてくれる靴が、探していく中で見つかったんですよ。
それが『イフミー』でした。

別にメーカーから金もらってません…

なんだかよく聞かないメーカーでしたが(妻は知っていましたが)、

  • デザイン別に悪くないし
  • 軽量で走りやすそう
  • 値段はブランド物と比較にならないくらい安い!

ということで、ジャパネットたかたの深夜CMばりに、あらゆるポイントを抑えられてポチったわけです。
しかも上履きも買いました。

img_8081_w1200

img_8084_w1200

img_8085_w1200

img_8089_w1200

あと、持った感じとか、履かせた感じはなんとなくミキハウスを履いていた時のものに似ていますが、速く走れる感は全くないです。
それよりもゆったりぺたぺた走れるといった感じ。

土踏まずの形成を促進してくれる靴とメーカーサイトに記載がありましたが、どちらかというと「走る・飛ぶ・着地する」といったパフォーマンスよりも、足を育てることに重点が置かれているようです。

僕は、こういう考え方好きです。

ちなみに、この会社、というかメーカー。
早稲田大学の先生との産学連携による丸紅フットウェアの自社ブランドだそうで、累計1,000万足も売れているロングセラーと言うから、私が全然靴オンチなだけだったんですね…
めちゃ売れてるやん。。

ということで、最近の我が家のメガヒット子ども靴の紹介でした。

これも勝手ランキングしようか計画中です。(ΦωΦ)フフフ…

P.S. モノレビューばかり多くて、「余裕あるな~」と思われるかもしれませんが、そんなこと全然ないです。。